Nov 8, 2012

ありがとうございます*

アルくんへと、
素敵なリースをいただきました。

あぁ、アルが歩いてく。
花の中を。
たぶん天国へ向かって。
明るい光のもとへ歩いて行く後ろ姿が、
はっきり見えましたよ。

もう泣いたりしていませんよ。
時々「あいつは」と思い出しながら、
ちゃんと笑ってます。
いい奴だったなぁと思って。

優しい気持ちをたくさんいただきました。
ありがとうございます。

Oct 11, 2012

お気に入りの

アルの写真。

背景の緑色が似合うなと思って。

たくさん、メッセージをいただいてありがとうございます。
私はまだ少し情けなく、
うまくお話できないもので、
まだまだだめなのですが、
こうして懐かしい写真を見ても、だいぶ大丈夫になってきました。

ほんと可愛かったと、親バカに拍車がかかってます。

さよならという言葉が、
これほど意味を持ったのは、初めてかもしれません。
さよならが言えないということに、自分でも驚いてますが、
これもアルが教えてくれました。
さよならって、深く重い言葉だね。

わたくしはまだ君にさよならを言いませんよ。

Sep 11, 2012

アルの日記*最終回

とてもとても久しぶりの更新で、ご報告です。

先週の水曜日、9月5日にアルが亡くなりました。
すぐ前の週末に体調を悪くしたアルは、
あっという間に逝ってしまいました。

まだ12歳のアルは、人間で言うと64歳の晩年期になるのだと、
友人が教えてくれました。
私には、まだまだ青年のように見えたけど、
そうなのかな。


あまりに身近にいて、ずいぶんと甘えていたように思います。
病気が進行していたことにも、ちっとも気がつかずに、
駄目な飼い主だったと、心残りなことばかりです。


この日記があることで、アルのことを知ってくれている人がたくさんいて、
「アルくんは元気ですか?」と、
声をかけていただいていました。
私じゃない誰かが「アル」の名前を口にしてくれると、
とても幸せな気がしました。
アルが居てくれたことで、出会えた人がたくさんいて、
私自身がアルに出会えたことで、知ることができたこともたくさんあったのです。

アルのことが大好きでした。
いつか別れが来るとしても、その前にたっぷりの時間があると思っていました。

一日一日記憶が薄れてしまうことが怖くて、
できるだけたくさんの思い出に浸かっていたいと思うのです。
さよならを言えるまでには、少し時間がかかりそうです。

なかなか更新のできないページを、
いつも見に来てくれて、本当にありがとうございました。
アルって呼んでくれて嬉しかったです。
もしかするとアルバムのように、更新することがあるかもしれませんが、
今日がアルの日記の最終回です。
これまで本当にありがとうございました。

Apr 3, 2012

ご無沙汰シテマス*


変わらず元気にシテマス。
ごぶさたです。

雨は止んだようですが、ワタシも早く帰らなきゃ。

Dec 13, 2011

ないと困る*

この秋の婚礼シーズンを乗り切れたのは、
キミのおかげ。

もちろん、アル。
そして、この錠剤。
今年の秋の減り具合は半端じゃなかった・苦笑。

1 / 2712345...1020...最後 »
まずはお気軽にお問い合わせください。

ル・ランディでは、ウェディングブーケ、会場装花、大切な人への贈り物、会社やお店などのディスプレイアレンジや生け込なども承ります。また、レッスンやル・ランディのお花へのご質問などもお待ちしております。アトリエへお越しの際は、お問合せフォームまたはお電話よりご予約ください。まずは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
アトリエの場所
最近の記事
過去の記事
アトリエの日記